ポリーニ ベートーヴェン。 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集

【中古:盤質AB】 ピアノ・ソナタ第4番、第9番、第10番、第11番 ポリーニ : ベートーヴェン(1770

ベートーヴェン ポリーニ

✋ ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10の3 第4楽章:Rondo. 71年から80年にかけて録音されたベートーヴェン の全集はスタンダードとして大変評価が高いものです。 特にポリーニは技巧的に難しいとされる箇所をいとも軽々と弾きこなし、今聴いても色褪せない新鮮な輝きを放っている。 冒頭のピアノでポリーニは分離の良い硬質の音色を聴かせてくれる。

ポリーニ・コレクション:協奏曲編~ベートーヴェン、モーツァルト、ブラームス(8CD)

ベートーヴェン ポリーニ

☢ 後期から先に出してくる姿勢はポリーニとも共通しますが、彼の場合は何を表しているでしょうか。 なつかしい人もあるでしょう。 従って、3番に関しては未完に終わった物を他人が補筆したのが気に食わなかったのか、内容自体が好きではなかったのかも知れない。

ポリーニのベートーヴェンの後期3大ソナタの新録音

ベートーヴェン ポリーニ

🍀 音楽評論家・吉田秀和による「これ以上、何をお望みですか」という名文句とともに登場した衝撃のアルバムだ。

12

ポリーニの「ベートーヴェンピアノソナタ全集」について考える■An die MusikクラシックCD試聴記

ベートーヴェン ポリーニ

😄 吉田秀和も亡くなってしまい、あのドイツ語まじりののっそりした喋りを聞け な くなって寂しいですが、元気な頃は老いたホ ロヴィッツを「ひびの入った骨董品」と表現して話題になりました。

ポリーニの「ベートーヴェンピアノソナタ全集」について考える■An die MusikクラシックCD試聴記

ベートーヴェン ポリーニ

🎇 この曲の終 わり方は唐突ですが、その後に時間差でやって来る興奮に圧倒されました。

8

ポリーニの「ベートーヴェンピアノソナタ全集」について考える■An die MusikクラシックCD試聴記

ベートーヴェン ポリーニ

🙏 50 年代のモダン・ジャズが70年代になって変質してきた後、元のビ・バップが残っているのは北欧 だ、東欧だと言われたように、5、60年代までで19世紀的なロマン主義の継承者は代替わりし、その色を残しているのはロシア系の人たちだと言われたこと がありました。

16