ピアジェ 認知 発達。 ピアジェVSヴィゴツキー理論

ピアジェに学ぶ子どもの認知発達

発達 ピアジェ 認知

😂 子どもがこの質問に正しく答えられた後、実験者は一方の列のおもちゃを広げて、また同じ質問を繰り返した。

17

ピアジェの4つの発達段階とは?育児に役立つ子どもの発達理論

発達 ピアジェ 認知

🤝 ただし、まだ論理的・推測的な思考は乏しく、自己中心性(中心化)が抜けておらず、他人の視点から立った捉え方をすることはできません。 保存の概念の獲得や、具体的イメージの操作が可能になり、数や関係について理解することができるようになる。

11

ピアジェの認知発達理論とは (Piaget’s Cognitive developmental theory)

発達 ピアジェ 認知

😀 例えば同じ重さの二つの粘土の塊を、一つ目は大きなまとまった塊、二つ目はいくつもの小さい粒に丸めたとします。 0歳~2歳の乳幼児期 をピアジェは 「感覚運動期」としました。 親の意図しない行動を子どもがとったとしても、「この子はこうやってまわりの世界を認識し、成長していくんだ」「大人がもっているような能力を、まだ獲得していないんだ」と納得し、肯定的にとらえることができるでしょう。

8

ピアジェVSヴィゴツキー理論

発達 ピアジェ 認知

☯ 象徴とは、置き換えられたもののこと。 物事に筋道を立て、予測しながら考え、演繹的に推論する(一般的かつ普遍的な事実を前提にしてそこから結論を導き出す)ことができるようになる時期である。 この時期には、以下の3つの認知機能が発達するようです。

1

児童期の認知発達2

発達 ピアジェ 認知

🙃 ピアジェの唱えた理論を把握することで、試験問題の対策ができるだけでなく、「この年代の子どもにはこういった発達段階の特徴があるから、関わり方を工夫しよう」など保育でも知識を活かすことができるかもしれません。

20

ピアジェの認知発達理論とは (Piaget’s Cognitive developmental theory)

発達 ピアジェ 認知

🤝 感覚運動期にある人間は言葉を使えないため、吸う・触る・なめる・見る・叩くなどの手段を通じ、 あらゆる感覚を用いて物事を把握しようとするもの。 たとえば、子どもの前におはじきを2列に等間隔に並べます。

3