川口 市 特別 徴収。 給与所得者の個人市県民税は、「特別徴収」で納税を

市民税課/川口市ホームページ

特別 徴収 市 川口

🤑 )のうち所得税法第百八十三条 の規定によつて給与の支払をする際所得税を徴収して納付する義務がある者を当該市町村の条例によつて特別徴収義務者として指定し、これに徴収させなければならない。 ただし、給与の支払いを受ける方が常時10人未満の事業所で、従業員が居住する市町村ごとに申請書を提出し承認を受けた場合には、年2回に分けて納入することができます。 普通徴収は原則4回払いですが、12回払いとなるので1回あたりの税負担が軽くなります 注:特別徴収の取り組みによって、これまで普通徴収で納めていた人が特別徴収の方法で納めていただくようになることがあります 県税のホームページでもご覧いただけます。

7

給与所得者の市民税・県民税の徴収方法

特別 徴収 市 川口

🐲 所得税の源泉徴収義務がある事業所は、すべての従業員の個人住民税を特別徴収することが法律により義務づけられています。 事業所が合併する。 このときに、年税額と月割額をお知らせしますので、6月に支給する給与から特別徴収(給与から差し引き)を開始してください。

8

給与所得者の市民税・県民税の徴収方法

特別 徴収 市 川口

⚔ 納入期限 特別徴収の納入期限 第1回目 6月分 令和2年7月10日(金曜日) 第2回目 7月分 令和2年8月11日(火曜日) 第3回目 8月分 令和2年9月10日(木曜日) 第4回目 9月分 令和2年10月12日(月曜日) 第5回目 10月分 令和2年11月10日(火曜日) 第6回目 11月分 令和2年12月10日(木曜日) 第7回目 12月分 令和3年1月12日(火曜日) 第8回目 1月分 令和3年2月10日(水曜日) 第9回目 2月分 令和3年3月10日(水曜日) 第10回目 3月分 令和3年4月12日(月曜日) 第11回目 4月分 令和3年5月10日(月曜日) 第12回目 5月分 令和3年6月10日(木曜日) 納期の特例制度 給与の支払いを受ける人の総数が、常時10人未満の事業所にあたっては、市長の承認を受けることによって毎月徴収した税額を年2回(12月10日と翌年6月10日)で納入することができます。 3パーセント(当該納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間については、特例基準割合+年1パーセント)の割合で計算した延滞金が発生します。

15

個人市民税とは/川口市ホームページ

特別 徴収 市 川口

⚡ 中央労働金庫• 5月中に「特別徴収税額決定通知書」をお送りします。 希望される事業所は、「特別徴収税額の納期の特例に関する承認申請書」をご提出ください。

1

給与所得者の個人市県民税は、「特別徴収」で納税を

特別 徴収 市 川口

💓 D給与の支払いが2か月に1回や年間4回など、不規則である。

2

特別徴収事務(事業所経理担当の方)/ふじみ野市

特別 徴収 市 川口

😚 給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)• A 上記のとおり税額の計算は市役所で行いますので、事業所様において計算して頂く必要はございません。 または、当ホームページの「」からもダウンロード頂けます。

市・県民税特別徴収について/川口市ホームページ

特別 徴収 市 川口

🖐 (各市町村の事務手続の確認や市様式のダウンロードにご活用ください。 特別徴収にするメリットは・・・ 個人住民税の計算は市町が行いますので、所得税のように事業主の方が税額を計算したり、年末調整をする手間はかかりません。